« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | イムジン河 »

2005年1月16日 (日)

東京喜多マラソン

今回の大会は天候が悪いことが予想されたので、DNSしようか迷ったのですが、30キロ以上のペース走をしたかったので、4分59秒/kmイーブンで走ることを目標に参加しました。多分、全申込者のうち、3分の2近くがDNSだったと思われます。
コースに水がたまっているため、約1時間遅れの10時30分にスタート、防寒対策のため上も下も短いのや長いの合わせて3着ずつ着込んで重装備です。最初は小降りだった雨も徐々にみぞれ交じりの本降りに、おまけに風も強くて川下に下る時は楽なのですが折り返すともう大変、ハーフの通過タイムは1時間38分位、25キロくらいまではかなり余裕があったのですが、30キロ過ぎに約30メート先の選手を風よけにしようと、少しズルをしてたまたまコース上を走っていたサッカー少年達を風除けにしながらスピードアップしたら一気に脚にきて失速、そこから最後までは無理せず走りました。
走り終わってみると、寒さに身体が震えてしまって手袋や靴下も脱ぐことができません。歯はガタガタ音を立てているし、フルを最後まで走りきったランナーは皆同じ様な症状になっていたようです。帰りのバス料金の200円を払うにも、手が震えて上手く払えなくて運転手さんを苛つかせてしまいました。

|

« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | イムジン河 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132334/13258418

この記事へのトラックバック一覧です: 東京喜多マラソン:

« 谷川真理ハーフマラソン | トップページ | イムジン河 »