« 小金井公園5時間走・フルマラソン大会 | トップページ | FP技能士2級に合格しました。 »

2006年10月16日 (月)

走りながら早川義夫を聞いてみました。

Dsc_4789
家の近所の高層マンション群

Dsc_0003
何故だろう。

つくばマラソンを目指しての今日のメニューは、60分ジョグでした。夜の国道16号を時速10.8キロで約1時間、早川義夫のアルバム「この世で一番キレイなもの」を聞きながら走っていたら、「御茶の水」とかの地名も出てくるし、何だか30数年前に忘れ物をしたようで、言い表せない感動で胸がいっぱいになってしまいました。
早川義夫が復活したのは知っていたのですが、今回インターネットからダウンロードして、始めてこのアルバムを聞きました。感動したついでに妻に聴かせたら、「こんなスローな曲で走れるの??」と言われてしまいました。分かってもらえないだろうな、私が聞いた場合の効果はランナーズハイ以上なんだけど。
Dsc_5268
「能書」の最後には、甘えたくて甘えたくてしょうもない人に聞いてもらいたい。と書いてある。

僕が始めて早川義夫のレコードを買ったのが、この「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」です。1972年8月10日(木)、高校3年生の夏休みの午後に八王子の楽器店で購入しました。そして、僕は、このジャケットの裏の「能書」に書いてある内容に強いショックを受けてしまったのでした。
当時何のために横浜線に乗って八王子の楽器店まで行ったのか良く憶えていないのですが、1箇月後の学園祭で歌いたいと考えていた僕はギターを見に行ったのかも知れません。当時の僕のギターはYAMAHA FG-180だったのですが、YAMAHA FG-500が陳列してあったのを憶えています。ただ、このレコードを買うために行ったのでないことは確かなのですが‥

|

« 小金井公園5時間走・フルマラソン大会 | トップページ | FP技能士2級に合格しました。 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132334/12311450

この記事へのトラックバック一覧です: 走りながら早川義夫を聞いてみました。:

« 小金井公園5時間走・フルマラソン大会 | トップページ | FP技能士2級に合格しました。 »