カテゴリー「中大法学部通信教育課程」の記事

2017年4月 6日 (木)

『ももたんの慶應通信日記』

慶應通信の記事は当分の間、『ももたんの慶應通信日記』で書いていますので、よろしかったら見てください。

O018001351275176290400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

中央大学卒業式

今日は中央大学の第131回卒業式、4年間の通教生活も今日で最終日です。天気は快晴、私が参加する式は14時からなので、仕事の方は年休を取得してゆっくり車で自宅を出発しました。

Dscn9317
今日は自宅から自動車で行きました。

Dscn9332

Dscn9349
通教の事務室のある10号館

Dscn9356

Dscn9358
さくら広場の白門

Dscn9363

Dscn9370
早く会場に着きすぎて、だいぶ前の方へ座ることに…

2013 卒業式の式次第


卒業式で歌った惜別の歌、少ししんみり…

Dscn9383
午後の卒業式が終わって、総合体育館から出てきたところ。

Img_0380

Img_0373
科目試験、マルチメディア授業などでお世話になったことのある3115番教室

Sotsugyo法学部長、橋本先生から変わったの知りませんでした。

Img_0384
テミス像ともお別れ。

Dsc_2524_2 2014卒業祝賀パーティー特製のビール

昔の思い出
今日でやっと中大の卒業生になれたのですが…
あれは1975年頃だったと思います。当時、中大は御茶ノ水に校舎があって私の高校時代の親友Mは中大商学部に通っていました。私もやはり近くの明大商学部に通っていて、あるとき、M曰く「中大商学部の授業に一緒に出ようぜ。」ということになり、自分の授業をパスして中大に行きました。そしたら、たまたま、これまた同じ高校出身の中大文学部に通うK子とN子に遭遇、4人で大教室で行われた商学部の授業に出たのです(ほとんど授業は聞いていなかった。)が、私が教授に指名されてしまいました。

教授の質問に答えられなくて、モジモジしていたら、教授曰く「大丈夫、答えられるから、答えてごらんなさい。」と、なかなか開放してくれません。こちらは、他校の生徒ですし、冷や汗をかきながら何とか切り抜けました。
授業の後で、私の慌てぶりを見た友人達に大笑いされてしまいました。
もう40年近くも前のことです。先日、Mに会った際にこの時のことを言ったら、「そんなことあったっけ?」と、覚えていませんでした。

追記
後日送られてきた『白門』5月号の<卒業証書・学位記授与式特集>の写真の中に私が写っていました。Hakumon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

卒業決定通知

さっき、郵便局の方が2月20日の総合面接試問の時に自分で宛先を書いた、中大通教からの簡易書留を届けてくれました。卒業できたということは、昨日の夜「 Myはくもん」で確認済でした。 学士入学したのが平成22年4月、何とか4年間で卒業できました。

Photo

シケタイ等を使った試験用の勉強しかしていないので成績は悪いですが、全ての成績をアップしてみました。試験の答案は、すべて解答用紙おもての半分から3分の2程度までしか書けていません。

法学 C 
憲法 B オンデマ
民法1 A 
刑法1 C 2回目で合格
民法2 D
民法3 C 2回目で合格
刑法2 B オンデマ
商法(会) A 短スク
商法(総) D オンデマ
商法(商) D オンデマ
刑事訴訟法 D リアルタイムメディア
民事訴訟法 C オンデマ
民法5 B 2回目で合格
民法4 B 2回目で合格
破産法 A 短スク
民執・保全 C
労働法1 C オンデマ
労働法2 D
行政法1 D オンデマ
知的財産法 E 短スク不合格のまま、もう一度短スク受けたいです。
特殊講義2 B
卒論     B

レポートは67通書いて、60通合格したのですが、成績内訳は次のとおりです。
A 10通、 B 18通、 C 21通、 D 11通

途中で挫けないよう、ブログに記事をアップしながら頑張りましたが、中大通教生の友人は一人もおりません。もう少し、時間があれば友人も作りたかったのですが、そんな時間もないまま、終わってしまいました。
私の中大通教の記事を見に来てくれる方も時々いらっしゃるようですが、どうもありがとうございました。
3月25日の卒業式は会社が休めたら参加して、写真等をアップしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

総合面接試問

今日、中大通教の総合面接諮問に行ってきました。今日の日程に合わせて休暇を取得するために各方面と調整するのがすごく大変で、一度は面接を諦めかけたのですが、何とか受験できてホッとしました。

当日の事務手続き等は、いろんな方がブログにアップしているとおりの内容ですので省略します。
私を担当いただいたY先生は、初めてお聞きする名前でした。まず、初めに卒論の概要を5分程度で述べ、それから、卒論テーマを選んだ理由、法の解釈等について、また、憲法や現在の国会のことなど、私には少し難しい部分もあり、頷くだけで答えられない部分もあったのですが、とても優しい口調で丁寧に対応していただきました。
卒論テーマに関連して自分の仕事のことなども聞かれたので、つい喋りすぎてしまい、後になって自己嫌悪に陥っています。面接時間は30分少々でした。
面接が終わって、少し時間があったので、図書館へ行き、新潮文庫のつげ義春の本を何冊か読んでいたのですが、昨夜から今日のために勉強していてあまり寝ていなかったので、ついウトウトしてしまいました。

Dscn1359
キャンパスはまだ雪が多く残っていました。

Dscn1374

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

卒業論文審査結果通知

昨年の11月11日に郵送してから、ずっと心配していた卒論の結果が今日通知されました。どなたかのブログで読んだ記憶では、大きな封筒の場合不合格(卒論が返却される)、小さな封筒の場合は合格ということだったので、小さな封筒が来るように祈っていました。

私が特に心配だったのは、以前も書きましたが、9月に卒業したくて卒論レポートは添削1回希望にしてしまい、結果は、テーマが絞りきれていないのと自分の意見がほとんど書かれていなかったため、厳しいコメント付きで返却されたことです。このため、テーマを絞り込んで1から出直して何とか書き上げ、提出時期を遅らせて3月卒業で提出しました。
でも、妻に一度読んでもらっただけで、誰にもアドバイスはもらえなかったし、論文として根本的に欠点があるのでは…… という思いでいました。中大通教のHPで、昨日発送したとの掲示があったので、今日は朝から落ち着きませんでした。

そして、先ほど帰宅したら玄関に小さい封筒が…… 開封してみると「合格」の2文字がありました。ほんとうに良かった。2年前に2人の息子の就職が決まった時と同じくらい嬉しいです。でもまだ、「総合面接試問」もあり油断はできません。
さっそく提出した卒論を再度プリントアウトして、今日から面接に向けて勉強し直します。

今日は大好きな、早川義夫を聞きながら久しぶりの夜ランに行こうと思います。
ほんとうに、嬉しいぃ~

Notice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

卒業論文提出

中大通教の卒業論文、9月に卒業したくて卒論レポートは添削1回希望にしてしまい、結果は、テーマが絞りきれていないのと自分の意見がほとんど書かれていなかったため、厳しいコメント付きで返却されました。
このため、テーマを絞り込んで一から出直して何とか書き上げ、今日、簡易書留で大学へ送ろうと思います。誰にも読んでもらっていないのでかなり心配ですが、次のステップへ進みたいので何とか合格して欲しいと思います。

Sotsuron

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

導入教育A・B 結果

6月の下旬に受講した、導入教育A・Bの結果が「Myはくもん」アップされました。レポートと違って鉛筆書きOKでしたが、一応WORDで体裁を整えてから清書しました。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

卒論参考文献

卒業論文は、労働法の年次有給休暇関係の内容で作成中なのですが、1987年の第109臨時国会において、労働基準法が、40年ぶりに大改正されたときの国会における審議過程等を知りたくて、次のような文献をAmazonで購入しました。論文作成はあまり進んでいませんが、改正の経過だけはだいぶわかるようになりました。

・ 安枝英紳ほか 『ジュリスト臨時増刊917号 新労働時開法のすべて』(有斐閣 1988年)
この本を執筆している安枝英訷、渡辺章、菅野和夫の各教授は当時の労働基準法研究会第2部会の委員でした。
917

・ 全国労働基準関係団体連絡協議会 『改正労働基準法 -決定版 法律、政省令、通達の完全対照と逐条解説』(社団法人日本労務研究会  1988年)
Photo

・ 平賀俊行 『増補 改正 労働基準法-背景と解説-』(日本労働協会 1988年)
平賀氏は、当時の労働省労働基準局長です。
Hiraga

・ 有泉亨・青木宗也・金子征史 『基本法コンメンタール労働基準法[第三版]』(日本評論社 1990年)
中大の角田邦重、近藤昭雄元教授も執筆しています。
Photo_2

・ 渡辺章 『わかりやすい改正労働時間法』(有斐閣 1988年)
Kaiseiroudoujikan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

導入教育A・B

中大通教、残すは卒論のみとなっているのですが、レポートのように何冊かの本を適当にまとめて作成したのでは当然通用しなくて苦戦しています。そんなことで、最近は勉強のモチベーションが下がり気味だったので、自分に刺激を与える意味で昨日と今日、標記の導入教育を受講してきました。

両科目ともグループで討議しながら講義が進んだのですが、他の通教生とお話ししたのは今回が初めてでした。導入教育は、私が入学した2010年にはなかったので、私はオンデマンドの無料視聴ビデオでレポートの書き方等を学びました。
導入教育の趣旨は、次の通り(中大HPから)なのですが、両講師ともとても分かりやすく説明してくれるので、入学後にレポート作成等で悩んでいる方は受講したらいいと思います。
・ 導入教育A
 主に初めて大学教育に接する学生を対象として、読解力と表現力の養成を目的とします。
・  導入教育B
 法律学を学習するうえで必要となる学習方法(教科書・専門書の読み方、レポートの書き方、法律や判例など法情報検索に関すること等)を身に付けることを目的とします。

Dscn1005
JR御茶ノ水駅(聖橋側)

Dscn1001
聖橋から御茶ノ水橋方向を見る。

Dscn0994
中大記念館(1月の科目試験以来半年振りです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

卒論レポート返却

今日、中大通教の卒論レポートの返却があったのですが、予想どおりかなり厳しいコメントだったので、少し落ち込んでいます。論題科目の変更も含め、一から出直すことにしました。
他の方のブログを見ていると、皆さんは着実に卒業しているようですが、卒論は私にとってかなり高いハードルです。

でも、白門5月号の「-卒業生から在学生へ- 私の通教メモワール」を読んだら、苦労しながら卒業した方の記事も多くて、励まされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧