カテゴリー「消費生活アドバイザー」の記事

2015年6月20日 (土)

消費生活アドバイザー更新研修

今日は消費生活アドバイザー更新研修を渋谷区代々木の「国立オリンピック記念青少年総合センター」で受講しました。本当は、慶應通信の7月科目試験の勉強をしたいところなので、行き帰りの電車の中や休憩時間には試験勉強をしていました。

消費生活アドバイザー資格の称号付与期間は5年間です。資格を更新するためには、(一財)日本産業協会が実施する更新研修を4講座以上受講しなければなりません。 私の資格有効期限は2016年3月31日なので、もうあとがありません。今回頑張って1日かけて4講座(10時~18時)をいっきに受講しました。 私がこの資格に関係する業務に従事していたのは、6年前から3年前までで、今後使うことのない資格だと思うと費用や時間ををかけて更新するのも、少し気乗りがしなかったのですが、各講座はある程度理解でき、関心を待って聴くことができました。私が選択した講座は次のとおりです。

1 通信販売市場の動向と展望<経営>
2 企業における消費者志向経営の実現に向けた課題<経営>
3 金融トラブル・紛争の現状と金融消費者保護の実務に必要な金融知識<法律>
4 サイレントカスタマー~もの言わずブランドから立ち去る消費者~<経営>

Dscn0245 研修の行われたセンター棟

Dscn0249 センター棟の5階から新宿方面をのぞむ。今日は快晴でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

消費生活アドバイザーの番組

私のブログには消費生活アドバイザーで検索して来られる方もいるのですが、8月はNHK教育テレビの「資格☆はばたく」という番組で、消費生活アドバイザーについての番組を放送しています。興味のある方はご覧ください。
私は1回目は2次試験が不合格、2回目のチャレンジで合格しました。ちなみに私の職場で当資格を所持している社員数は私を含めて8名います。
今年ももうすぐ、新しい「くら豆」が発売されます。

それから、今日返却された通教の特殊講義2[福祉と女性の]第2課題は、ジェンダーや少子高齢化に関係する問題だったのですが、昨年、消費生活アドバイザーの2次試験対策(生活経済)で作成した少子高齢化に関する構成メモを参考にして書いたらA評価をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

消費生活アドバイザー・消費生活専門相談員 受験記

消費生活アドバイザーや消費生活専門相談員の受験情報はあまり無いので、消費生活アドバイザー証が送られてきたのをきっかけに受験記を書こうと思います。

※ まだ書きかけです。

1 受験動機
  2009年4月消費者関連部門に異動したのですが、今まで携わった仕事と異質の仕事だったので早く仕事の全体像を掴みたくて勉強を始めました。

2 消費生活アドバイザー・1次試験対策(2009年)
(1) 教材
 ア 学校法人産業能率大学 「消費生活アドバイザー通信講座」
 イ 学校法人産業能率大学 「徹底解説 消費生活アドバイザー試験」
    '05~'08 4年分
 ウ 学校法人産業能率大学 「1次試験直前対策講座」
 エ くらしの豆知識 '08と'09
 オ ハンドブック消費者(http://www.caa.go.jp/planning/pdf/2010handbook.pdf
 カ 新聞、雑誌等で消費生活に関連ある記事をチェック
 キ 産能のNEWS LETTERをチェック
(2) 勉強方法('09GWからスタート)
 ア 通信講座テキストの通読
  一度軽く読んで、あとは必要な箇所だけ熟読した。
 イ 過去問4年分に取り組む
  知らない単語は、意味と併せてウォークマンに吹き込み、通勤時等に絶えず聴いていた。
  過去問は2~3回解き、理解するまでテキストやネットで調べた。
  過去問を多く解いて、問題の傾向を知る。
(3) 私の得点は、自己採点で75点度でした。

3 消費生活アドバイザー・2次試験論文対策
(1) '09年(不合格)
  1次の自己採点が合格圏内だったので、速やかに対策を検討したが、最近は自筆で書いたことが無いのと、目も老眼気味でなかなか気分も乗らず、書いた論文は過去問を中心に5本くらいだった。
11月にNACS東日本支部の「2次試験直前模擬試験」を受講したところ、行政がB、生活経済がCでした。
試験当日は、
  1時限目 行政知識
  「消費者庁の行政機能について説明し、その役割を論じなさい。」
  → 予想していた問題だったのでバッチリ書けました。
  2時限目 経済一般知識
  「近年、様々な形で国内の地域間格差が取り上げられることがある。その中で、あなたがもっとも重要だと思うものを一つ挙げ、その格差がもたらす弊害について述べた上で、どのような対策が望まれるか経済的な観点から論じなさい。」
  → 2時限目の問題はどの科目も書きにくく、途中から「地球環境問題・エネルギー需給」を選択すれば良かったかと、後悔しました。 

(2) '10年(合格)
  '05~'09 5年間分の過去問及び次の本を熟読

    10月に産業能率大学で「消費生活アドバイザー2次試験対策講座」を受講し、「行政知識」はB、「生活経済」はCでした。
  11月にNACS東日本支部の「2次試験対策講座(通信)」を受講、消費者問題=A 行政=C 経済一般=D 生活経済=B 環境エネルギー=Aでした。←回答は資料を見ながら書きました。

4 消費生活専門相談員試験対策 '09年合格
(1) 勉強方法
   消費生活相談員向けには、過去問を解いたのみで、後は消費生活アドバイザーの勉強で対応できました。
(2) 過去問
   消費生活専門相談員の試験問題は「月刊国民生活」の2月号に前年の問題と回答が掲載されます。過去問を解いてみると分かりますが、回答時間が足りません。最近、国センのHPを見たら、過去問はここからダウンロードできるようになっていました。
(3) 私の得点は、国センに問い合わせたところ次のとおりでした。
  択一 756/1000点 ・ 合格ライン 70%以上
  論文 7/8点 ・ 合格ライン 5点以上

5 難易度等
  
論文試験が消費生活アドバイザーは、800字(60分)×2本でかなり厳しかったですが、消費生活専門相談員は1000~1200字(120分)×1本で余裕がありました。
   私の職務上の主な経歴は、労務、用地取得、土木・建築工事、プラント管理、マンション建設・管理なのですが、所持している他の資格と比較すると、消費生活アドバイザーは社労士、マン管より易しいですが、宅建よりは論文がある分だけ大分難しく感じました。(一度落ちてるし…)

※ 試験受験日等のブログについては、
http://hd28.cocolog-nifty.com/narachan/cat22611900/index.htmlを見てください。

Photo_2
通信講座テキスト

Photo_3
平成21年度問題解説

Photo
消費生活専門相談員の試験問題は「月刊国民生活」の2月号に前年の問題と回答が掲載されます。

Photo_2
現在は2010年度版が最新です。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

仕方ないですね。

今日の夜は、2月に合格した「消費生活アドバイザー」の合格祝賀会が産業能率大学であるので、参加予定だったのですが、東北地方太平洋沖地震関係の仕事が入り、参加できませんでした。仕方ないですね。

Dsc_8488

Dsc_8499

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

消費生活アドバイザー2次試験合格

昨年不合格となった消費生活アドバイザーの2次試験、今年は何とか合格できました。
昨年の発表が2月5日(金)だったので、今年は4日(金)の発表だと思っていたら、産業能率大学からのメルマガで今日の発表を知りました。
ドキドキしながら財団法人日本産業協会のHPで合格者名簿を見たら私の名前がありました。

私の職場には、消費生活アドバイザー、消費生活専門相談員、消費生活コンサルタントの有資格者は多数在籍しています。
昨年は、消費生活専門相談員には合格したのですが、消費生活アドバイザーは2次試験で落ちてしまいました。今回の、消費生活アドバイザー再受験も職場では周知の事実なので、これでプレッシャーから開放されます。

この2年間は秋のマラソンシーズンもほとんどパス。昨年の2次試験日は親戚一同が集まる可愛い姪の結婚式もパスして受験した結果が報われました。

少し時間ができたら合格体験記を書こうと思います。

1
写真左側は昨年の不合格通知、右は今年の合格通知です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

消費生活アドバイザー2次試験

今日は昨年不合格となった消費生活アドバイザーの2次試験に行ってきました。
論文試験は、何とかマスは埋めましたが、あとは他の方の出来次第かなと思います。
面接試験は、少し喋りすぎたかな~ と気になりました。

私が選んだ小論文の論題は、1時限目が<消費者問題>の高齢者の消費者被害に関するもの、2時限目が<環境・エネルギー>の循環型社会の構築に関するものです。
結果はとにかく、試験が終わったので気持ちが楽になりました。
結果発表は来年の2月上旬です。

実は今日は可愛い姪の結婚式が都内で行われました。親戚、私の妻・息子達も当然出席したのですが、私はこの試験のために欠席させて貰いました。

面接試験終了とともに地下鉄にのって結婚式場へ向かい、何とか最後の最後で新郎新婦に会うことができました。

Dscn6594

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

少し落ち込みました。

今日、自由が丘の産業能率大学で「消費生活アドバイザー2次試験対策講座」を受講し、論文演習は「行政知識」「生活経済」を書いたのですが、ほとんど書けなくて、かなりショックを受けました。ほとんど勉強していないから当然なのですが、このままでは、今年も不合格確実なのでこれから少し頑張ろうと思います。
今月末に予定していた、通教の民法(物権)と刑法(総論)の試験はどうしようか…

※ その後、論文の成績一覧が送られてきて、「行政知識」はB、「生活経済」はCだったのですが、評価分布からするとまずまずの成績なんです。中大通教の勉強で今年度レポートは30本以上書いているし、もう少し自分に自信を持とうと思います。

Dsc_4081

産業能率大学1号館、道案内をしてくれた産業能率大学の学生さん、ありがとうございました。

Dsc_4100

帰りの自由が丘駅前、この辺に来たのは生まれて初めてでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

消費生活アドバイザー 2次試験に向けて

前回不合格となった消費生活アドバイザー2次試験、今年もそろそろ勉強しようと思い新しい「くら豆」と3年ぶりに改定された「ハンドブック消費者2010」を手に入れました。
昨年作成したノートを読み返してみても、知識はかなり忘却の彼方へ行っていて、この2箇月間はかなり辛そうです。

Dsc_3979

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

消費生活アドバイザー試験

昨年、二次試験で落ちた「消費生活アドバイザー試験」、今年は一次試験免除で受験できるのですが、現場を離れてしまったので、あまりやる気が起きません。11月末が試験なので9月頃になったら準備を始めようと思います。

ちなみに昨年私が選択した論文の課題は、
1時限目 行政知識
消費者庁の行政機能について説明し、その役割を論じなさい。

2時限目 経済一般知識
近年、様々な形で国内の地域間格差が取り上げられることがある。その中で、あなたがもっとも重要だと思うものを一つ挙げ、その格差がもたらす弊害について述べた上で、どのような対策が望まれるか経済的な観点から論じなさい。

ももたんの写真日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

不合格

先程帰宅したら、昨年の11月28日に受験した消費生活アドバイザー、2次試験の結果が届いていました。恐る恐る開いた結果通知書は、真ん中に「不合格」と書いてありました。
不合格の原因は多分2時限目の小論文(事前に勉強した知識はほとんど役に立たなかった。)だと思いますが、1時限目の小論文と面接はまずまずの出来だったのでかなり残念な気持ちです。

現在の所属では半数以上の者が所有している資格なのでぜひ合格したかったのですが…

また、今年の11月下旬に2次試験から再挑戦しようと思いますが、その時期はかなり忙しい時期なので直前の勉強時間が確保できるかどうか。

何だか脱力感が襲ってきました。

ももたんの写真日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)