カテゴリー「文化・芸術」の記事

2016年5月 3日 (火)

ゴールデンウィーク

昨日から一泊で妻の勤務している会社関係が経営している箱根の旅館に行ったのですが、一人当たり会社から8000円の補助が出るので、安く泊まることができました。

Dsc_7802 小田原文学館です。北原白秋関係の展示があるとのことだったのでで行きました。「思ひ出」の中にある「曼珠沙華」、高校生の時に読んで、この怪しい雰囲気に魅了されました。

GONSHAN. GONSHAN.何処へゆく
赤い御墓の曼珠沙華、
曼珠沙華、
けふも手折りに来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN.何本か。
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの児の年の数。

GONSHAN. GONSHAN.気をつけな。
ひとつ摘んでも、日は真昼、
日は真昼、
ひとつあとからまたひらく。

GONSHAN. GONSHAN.何故泣くろ。
何時まで取っても、曼珠沙華、
曼珠沙華、
恐や赤しや、まだ七つ。

Dsc_7815報徳二宮神社

Dsc_7819 改修工事が終わった小田原城

Dsc_7826妻がテレビを見ている横で日本外交史Ⅱの参考文献を読もうとしたのですが、照明が暗くてほとんど進みませんでした。

Dsc_7836 芦ノ湖

Dsc_7844箱根旧街道杉並木

Dsc_7851 箱根登山鉄道

Img_1359 今日は憲法記念日。午前11時過ぎに帰宅して、午後からは渋谷の青山学院大学で開催された 「憲法記念講演会」に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

マグリット展

今日はずっと行こうと思いつつ行けてなかった、国立新美術館で開催中の「マグリット展」に行きました。

Dscn0203 午後4時過ぎまで、三田キャンパスで慶友会の勉強会に出席してました。

Dscn0212_2 三田キャンパスから歩いて、5時前には美術館に到着しました。
妻へのお土産は、ベルギーワッフルクッキー入りのミニ缶とマグネット。図録は、「見る?」って、聞いたら即「観ない。」という返答がありました。

Dscn0162 実は4月28日(火)に一度来たのですが、休館日だったのです。

Dscn0216 1988年5月に東京国立近代美術館で開催された「ルネ・マグリット展(上の写真はその時の図録です)」以来、約30年ぶりにマグリットを観に行ったのですが、当時あんなに感動したのに、歳のせいか感動しなくなっている自分がいました。

話は少し変わりますが、パンタ / KISS(1981年) のアルバムのジャケットって、マグリットの「恋人たち」に似ていますよね。私はこのアルバム、30年以上も前に大好きでドライブしながらよく聞いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

あしたのジョー、の時代展

今日は朝の5時から尾根緑道を25キロ走ったため、体はもうぐったり。でも、午後3時から練馬区美術館で開催中の「あしたのジョー、の時代展」で1970年3月。私が中3の時の力石徹告別式での弔辞が再演されるので、猛暑の中行ってきました。

Dscn9313

Dscn9316

Stand_up_joe

Dscn9328 昭和精吾氏による力石徹への弔辞

Dscn9331今日は暑い日だった

話は少し変わりますが、ちばてつやと言えば、「明日のジョー」と並んで私の記憶に強く残るのが、「紫電改のタカ」の滝城太郎です。小学生の時、我が家では漫画は買ってもらえなくて、近くに住んでいた6歳上の従兄の家で毎週読ませてもらっていました。 このラストシーンが、かなり悲しくて、滝の母親と幼馴染の信子が滝に会うために大分駅に到着するのですが、その時にはすでに、滝は特攻隊員として部下とともに大分から出撃して空を飛んでいたというものでした(戦争が終わったら学校の先生になる夢も捨てて…)。
それから、後から知ったのですが、この漫画に登場する源田司令が参議院議員の源田実氏でテレビに出ているのを見てすごくびっくりしました。

Shidenkai

Shidenkai21996年に買った、上のCD-ROM紫電改のタカには、全話1,198ページ分が記録されているのですが、Windows95用なので、久しぶりに見ようと思ったらWindows7では見れないんです。
何とかして見る方法はないんでしょうか?いろいろチャレンジしたけどダメでした。ガッカリ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

石田徹也展 ―ノート 夢のしるし―

今日から、平塚市美術館で開催されている石田徹也展目指して、自宅から国道129号線を約30キロ走って見に行きました。石田徹也は相模原に住んでいたんですね。

Dscn9459
Hiratsuka_museum_ishida

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

宮沢賢治

京王線「芦花公園駅」のそばにある、世田谷文学館で開催中の「没後80年 宮沢賢治・詩と絵の宇宙―雨ニモマケズの心」展に行ってきました。賢治童話を題材とした44人の作家による絵本原画等が展示されていたのですが、もう少し今までの私が知らないことについての展示があるかと思っていたので、少し残念でした。

Dsc_0617_3

Dsc_0661

Dsc_0669

Dsc_0673

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

明日は科目試験だけど…

明日は駿河台で商法オンデマの科目試験です。でも、全然勉強しようとする気持ちになれなくて、「父をめぐる旅」をみようと川崎アートセンターに行ったのですが、満員で入場できなかったので恵比寿の東京都写真美術館まで見に行きました。

Dscn0112
家から20キロ以上走っていったのですが、監督等の初日舞台挨拶があったせいか、満席とのことでした。(道に迷って、開演時間にも遅れてしまいました。)

Dscn0121_2
こちらは、恵比寿の東京都写真美術館

Dscn0122_2
北井一夫の写真展「いつか見た風景」も見ました。

Dscn0140
映画を見ていたら足の疲労もとれたので、夜の東京を少し走りました。
今日はゆっくり25キロくらい走ったのですが、左ひざが痛くて下りは辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

1月科目試験と府中市美術館

今日は駿河台で科目試験を受けました。

・ 2時限目 「労働法1(団体法)・オンデマ」 
・ 3時限目 「刑法2(各論)・オンデマ」
両科目とも文字数を増やすためにその場で一生懸命考えたのですが、それでも、毎度のことながら解答用紙前面の3/5くらいしか書いていません。何とかギリギリで合格点はもらえるかな…
時々、裏面までバッチリ書いている方がいられるのですが、いつも感心してしまいます。
Dscn8633
朝早く起きて論点整理用のメモをチェック 内容が全然頭に入らないです。

Dscn8639_2
お昼休みに最後の悪あがき、キーワードとなる単語を一生懸命憶えます。

Dscn8651
午後1時40分に試験は終了、たいやき神田達磨神保町店で羽根付たい焼きを買って食べました。

Dscn8650

Dscn8670
帰りは以前から行きたかった府中市美術館へGO!
美術館まで400m ねじ式のポスターが2枚

Dscn8661
12月10日から2月26日まで府中市美術館で開催中の「石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行」で、つげ義春「ねじ式」の原画が展示されているというので行ってきました。

1_3
私は29年前の交通事故で頭部を14針縫ったことがあり、天候が悪かったり体調が悪いと少し痛い時があるのですが、そういう時は、この作品の最後で、主人公の少年が言う台詞「そういうわけで、このネジを締めるとぼくの左腕はしびれるようになったのです」を思い出してしまうのであります。

Dsc_4234
私の家の玄関には、1988年に東京国立近代美術館で開催された「ルネ・マグリット展」に行った時に購入した「大家族」のポスターが日焼けしながら24年間ぶら下がっているのですが、これを「ねじ式」のポスターに替えようとしたら、家族から苦情が…

Photo_2

上の写真は、佐々木昭一郎氏演出のNHKドラマ「紅い花」のオープニングです。
この作品は昭和51年度芸術祭大賞受賞作品で36年前の昭和51年10月22日に放送され、当時私は、つげ義春の名前に反応して、音声を録音したり、テレビ画面を撮影(上の写真は当時FUJICHROMEで撮影したもの)しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

シュルレアリスム展

今日の朝8時過ぎには薄日が射してきたので、多摩川サイクリングロード方面へ30キロ走をやろうかと出発しました。ところが、尾根緑道経由で約1時間走った時点で雪が降ってきて、ユーターン、結局20キロしか走れませんでした。
その後、国立新美術館で今週の水曜日から開催されている「シュルレアリスム展」に行ったのですが、私が知っている絵が余り無くていまいちでした。

Dscn7126
雪化粧をした尾根緑道

Dscn7137
六本木の国立新美術館

Dscn7139
入場券、マグリットの秘密の分身以外は白黒にしてみました。

Dsc_4234
私の家の玄関には、1988年に東京国立近代美術館で開催された「ルネ・マグリット展」に行った時に購入した「大家族」のポスターがぶら下がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

紅い花

Photo_2

 30年間ずっと気になっていたドラマ、それは佐々木昭一郎氏演出のNHKドラマ「紅い花」です。今日、有給休暇を取得して埼玉県川口市にあるNHKアーカイブスまで見に行きました。
この作品は昭和51年度芸術祭大賞受賞作品で31年前の昭和51年10月22日に放送され、当時私は、つげ義春の名前に反応して、音声を録音したり、テレビ画面を撮影(上の写真は当時FUJICHROMEで撮影したものです。)しました。
 主人公の沢井桃子演ずるキクチ・サヨコのことがずっと気になっていたのですが、今日31年振りにこのドラマを見てもやはり胸が切なくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)